テレビのHDMI端子にパソコンとファミコンとアマゾンを接続した結果

アナログ時代のテレビと違い、今のテレビにはたくさんの入力端子があります。HDMI端子に合わせた様々な商品があります。せっかくなので、すべて埋め尽くしてみました。最初は録画機器のみでしたが、最近まとめて追加してみました。

  1. スティックPC(パソコン)
  2. ファミコンクラッシックミニ
  3. アマゾンTV

スティックPC

今あるノートパソコンはWindowsXPです。スマートフォンがあるのでネット環境に不便な事はなっかたのですが、色々と調べてみると不思議な物を発見しました。それがスティックPCなる物です。USBを少し大きくしたぐらいの物で、テレビのHDMI端子に直接差し込むとテレビがパソコンに変身します。大画面のパソコンの完成となります。容量こそ少ないですが、価格が1万円以下でWindows10なのです。キーボードとマウスもワイヤレスタイプがあり、とても、すっきりとしています。テレビ画面でユーチューブを見るには最適でしょう。
只、条件としてWi-Fi環境が必要となります。
それと、キーボードで文字入力する時にキーボードとテレビ画面に距離があると、年齢によっては目が遠近の切替に鈍い事があるので、少し疲れます。

ファミコンクラッシックミニ

言わずと知れたファミコンの小型バージョンです。これもHDMI端子に接続です。本体の中に、昔懐かしのゲームが30種類入って6000円程です。これが30年前だと本体14800円、ソフトが一つ5000円ぐらいです。考えられない価格です。
只、いくら画像のきれいなHDMI端子でも元々の画像が粗い為に目が疲れます。ゲームも30種類ありますが、懐かしいと思うだけで、長くプレイする事は難しいかもしれません。子供達も夢中には、ならないようです。コントローラーも小さい為、慣れるまでに時間がかかります。

アマゾンTV

これもスティックPCぐらいの物をHDMI端子に接続して、Wi-Fiを利用してテレビ画面で見れます。毎月、金額がかかるわけでなく、一度本体を購入するだけです。価格は5000円以下です。色々なテレビ番組や映画が見れます。中には有料の物もありますが、無料の物で十分楽しめます。アマゾンのプライム会員だと、さらに無料範囲が広がります。

以上の物を購入したわけですが、結論としてはテレビ画面が一つなので、色々と無理がある事に気が付きました。誰かがテレビをみている時は他の事が出来ません。逆に、テレビをみたい時も同じ事が言えます。通常、テレビと録画番組でも考えられる事が、さらに範囲を広げてしまいました。テレビの占有権の調整が複雑になりました。

フォローする