寒冷地の注文住宅で知っておいた方がいい窓の秘密

究極の暖かい住宅は窓の無い建物となります。が、現実的ではありません。法的に無理です。地下室と同じです。寒冷地は外壁内の断熱が大切です。しかし、窓の部分は別となります。
窓はガラス部分がメインなので壁のような断熱性能がありません。その為、通常のガラスの場合は障子を二重にしています。近年、ガラスも種類があり、複層ガラスになると断熱性能が上がり、障子を二重にする必要はありません。窓の種類も、引き違いの他にドアのような外開きタイプや明るさを目的としたFIXタイプなど色々あります。同じ断熱ガラスでも窓の種類によって注意が必要です。

  1. 大きさや位置
  2. 気密の違い
  3. 網戸について

大きさや位置

日中、少しでも部屋を明るくする為には、窓がたくさんあると良いのですが、その反面、外壁面の断熱性能が落ちる事になります。当然、暖房費が多くなります。
同じ窓でも北面と南面では熱の逃げ方が違います。最低限必要な数で配置に注意をする事が大切です。

気密の違い

気密が高ければ、すきま風が入りません。一番いいのはFIXといって、開かない窓です。明るさの為だけの物です。天窓にも使われます。それ以外の開く窓は、だいだい同じ気密設定になっています。しかし、ここに落とし穴があります。本当は引き違いの窓は気密が低いのです。構造的に仕方ない事ですが、これは誰も教えてくれません。障子を横に動かす為に上下に溝がありますが、どうしても余裕がなければ障子は動きません。なので、この隙間から外の空気が入ってきます。それだけではなく、立地条件によっては、夏場に小さな虫も入ってきます。
夏と冬の二重苦の恐れがあります。それでも、引き違いの大きな窓は魅力があります。十分な対策を工務店と相談するといいと思います。

網戸について

一般的な網戸といえば、引き違いの障子についている外側に設置する物です。只、注意が必要な物もあります。外開きタイプの窓の場合は窓を外側に開ける為、内側に網戸がつきます。窓を閉める時に注意しなければ、ガラスの内側についている虫が一緒に中に入ったりします。
網戸の種類も縦のロールタイプや横のスライドタイプがあり、注意点があります。スライドタイプはロールタイプに比べ開け閉めが楽ですが、窓を開けないと網戸がスライド出来ません。逆に言うと、網戸を戻してから窓を閉めるため、そこにタイムラグが発生し虫が入る時があります。

なかなかデメリットを丁寧に説明してくれる営業担当者は少ないと思います。住んでみて、使ってみてわかる事があります。その説明をすべて工務店に求める事も無理でしょう。
建てた後の、その後の些細な事を把握する工夫をしている工務店は信頼できるかもしれません。

フォローする