ジョギングが、止められない理由

stevepb / Pixabay

本格的にジョギングを始めて一年が経過しようとしています。自分自身、全くの予想外な事です。飽きっぽく、新し物好きな生活をしているので相反します。
改めて、なぜ継続しているのかを少し考えてみました。

  1. 成長を感じる喜び
  2. 積み上げた物の崩壊への不安
  3. 繰り返しが無理であろう
  4. 止める理由がない

成長を感じる喜び

走った分の成果が確実に実感出来ます。距離が長く走れるようになったり、スピードが速くなったり。体力もアップしているので同じ距離やスピードでの疲労感も軽減されていきます。
感覚的には決して短期間ではないですが、『そういえば先月より…』ぐらいの感じですが実感出来ます。距離やタイムはランニングウォッチのおかげで数値として残っていますので確認出来ます。
年齢的には若い頃と違い色々と衰えてきている中、逆に成長している部分があるという事がとても喜ばしい事であり、止められない理由の一つと考えます。

積み上げた物の崩壊への不安

柄にもなく、コツコツとやってきた事。これを仮に止めてしまった場合、全てが少しずつ退化してしまうでしょう。走る距離、スピード、体力が崩壊します。今の状態が何もせずに維持出来るのであれば、それも可能なのですが人間の体は都合よく出来ていません。やはり、勿体ないと思う気持ちがあり、現状を失いたくないという気持ちがあります。

繰り返しは無理であろう

何かの理由で走ることを止めた場合、また一から始めれば現状に戻る事は可能でしょう。
しかし、今までと同じ事をもう一度やり直しす事は自分には無理でしょう。走り始めた時期が、たまたま色々な出来事や気持ちが偶然にタイミングよく重なったので結果、今日まで来ただけであり、もう二度と同じシチュエーションは来ないと思います。年齢も、その時より上なので、さらに大変です。走り始めた頃の辛さは今も忘れません。

止める理由がない

どうしても止めなければいけない理由が出来た時はしょうがないですが、今は止める理由がないのです。【ジョギングが、止められない理由】… それが一番大きな理由です。すっかり生活の一部として取り入れているので特に辛いと感じません。ジョギング中に辛いと感じる事はありますが、それは止めたいと思う事にはつながりません。なかなか理解を求めることが難しいです。

身近な人にジョギングしている人はいません。なので、ジョギングの楽しさは伝えることが出来ません。これだけは少し残念です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

フォローする