ジョギングが続かない人に伝えたいこと

skeeze / Pixabay

ジョギングが続かない人、ジョギングを始めたいけど始められない人。たくさんいるのではないでしょうか。10年くらい前、自分でも経験しましたので大変よくわかります。
なぜ、ジョギングを始めようと思うのでしょうか?
これはジョギングによってのプラス効果を期待するからです。ダイエットだったり、健康の為とか、運動不足解消だとか…
40過ぎて普通の生活を送っていても、健康診断ではメタボや血中脂質、コレステロールなどが当たり前に指摘されます。それらの対策として運動を進められ、とりあえずジョギングって事になります。
しかし、始められない、続かない、となります。
これにはマイナス要因が入ってくる為です。疲れる、めんどくさい、寒い、筋肉痛になる、朝起きれない、時間がないなど…
このマイナス要因を排除したり、乗り越えてまでプラス効果を獲得しようとは思わないので計画がボツになるでしょう。
ここで、少しマイナス要因の考え方を変えてみます。これらはざっくりとした感情なので、もう少し詳しく、深く考えてみます。

  1. 最初から無理をしない(疲れる、筋肉痛)
  2. 服装を考える(寒い、めんどくさい1)
  3. 一日や一週間の計画(朝起きれない、時間がない、めんどくさい2)

最初から無理をしない(疲れる、筋肉痛)

どうしても新しい事を始める時、はりきってしまいます。今日から頑張るぞ!ってね。
突然、はりっきってジョギングしたら当然疲れるし、使ってない筋肉に負担がかかりますので筋肉痛になります。そして、嫌になります。最初は歩くだけで十分です。慣れてきたら、早めに歩いたり、少しずつゆっくりとジョギングしてみましょう。疲れたら、また歩きましょう。
それを出来るだけ長い時間。最終的には90分ぐらいを目標で。
あくまでも疲れない程度に。少し物足りないぐらいに。

服装を考える(寒い、めんどくさい)

季節にあった服装は大事です。寒ければ、寒くない服装を多少暑いくらいでいいです。
薄着の場合、走っているうちに体は温まりちょうどいいのですが、途中でトラブルが発生し走れなくなると一気に体が冷えていく場合もあるので注意しましょう。
服装もジョギング用として、こだわりすぎると着替える事自体がめんどくさい事もあります。
気軽にジョギングへ行く習慣が大切です

一日や一週間の計画(朝起きれない、時間がない、めんどくさい)

一日の中でジョギングをする時間を取り入れたタイムスケジュールを作ってみましょう。平日パターンと休日パターン。さらに平日、休日パターンを2,3種類。
どうしても平日だと仕事の関係で、休日は他の予定の関係で。なので、一週間のトータルで計画する事も大切です。
例えば、朝起きれない時は夕方とか、この日だけは朝頑張ろうとか、今週は平日時間がなかったから週末頑張ろうとか、平日頑張ったから週末は頑張らないとか…
自分に都合よく計画を立てるのがポイントです。

このようにしてマイナス要因と向き合いながらジョギングを行うと継続できるのではないでしょうか。

フォローする