アイコスとグローの違いを考える

やめたくても、やめられないタバコ。吸うの好きだが、残り香が嫌い。吸わない人には迷惑なだけ。狭い空間ではもってのほかです。例えばキャンピングトレーラーの中で吸うタバコは色々な意味で自殺行為。
そんな中ここ最近、アイコスやグローなどの加熱式タバコを吸う人が増えてきました。
気にはなるけどよくわからない。もう少しで孫が生まれる。どっちを買うか迷っている。などといった人は参考にしてみてください。

  1. 普通のタバコとの違い
  2. 価格
  3. メンテナンス
  4. 使い勝手、匂い
  5. 時間、満足感

普通のタバコとの違い

まず、普通のタバコはニコチンとタールが含まれています。ニコチンは中毒性があり、タールは匂い、黄ばみ、煙という二次災害があります。加熱式タバコにはこのタールがありません。
なので二次災害がありません。

価格

現在アイコスは初代、二代目とありますが、いずれもグローより価格が高いです。だだし、グローの価格も近日1000円UPになり6000円ぐらいです。

メンテナンス

アイコスもグローも本体にタバコを差し込み熱を加えてから吸います。このため多少、燃えカスが本体に付着します。定期的に掃除が必要です。この清掃頻度が圧倒的に少なくすむのがグローです。アイコスの清掃の目安は20本に一回です。一日に20本吸うのであれば毎日という事になります。グローはその1/5ぐらいで大丈夫です。(目安は20本に一回となっています。)
手間もグローの方が楽で短時間で済みます。アイコスは細長いコップの底の汚れを落とすイメージです。しかも真ん中に芯棒があるので大変です。この燃えカスを綺麗に除去しなければ、タバコが上手く入りません。味も変わります。一方、グローは芯棒がない事と底面がフタのように開くので簡単に清掃が可能です。

使い勝手、匂い

アイコスは本体からペン型の物を取り出して、そこにタバコをいれますが、グローは本体に直接タバコをいれますので、一手間で済みます。また、どちらも独特の加熱時の匂いがしますがアイコスは硫黄に近い匂いがあるため極端に嫌う人もいます。

時間、満足感

どちらも充電式ですが、アイコスは1本吸うたびに充電が必要です。つまり連続で吸う事が出来ません。グローは本体の充電が切れるまで連続で何本も吸う事が出来ます。但し、1本の吸う時間はアイコスの方が長いです。グローは時間が短いので物足りなく感じます。結果、1日の吸う本数が多くなります。タバコも細いので違和感があります。

トータルで考えた場合、グローの方が良いと感じていますが人それぞれなので、最終的には自分で判断して下さい。

フォローする