震災で思う事-5

詐欺、誤報、窃盗

被災地には必ず現れる悪があります。詐欺に警戒するように、上の物が流れてきました。情報を共有する上でSNSの便利さを実感しました。しかしながら、逆にこんな物も流れてきます。

これについては、消防も海上保安庁も全く無関係のようです。窃盗目的の人間が強制的に避難させ、空家を狙うという噂もありました。まさに火事場泥棒です。

一度でも、あの強烈な地震を経験するとまたくるのでは?と不安になります。実際に一部の年配者は信用して避難するところを子供たちに止められたと聞いています。

窃盗で実際に捕まった物もいました。東北から来たようで、怪しまれないようにコチラの車のナンバープレートを盗み、自分の車に取付し被災地を物色していたようです。
本当に信じられないような話です。

フォローする