キャンピングトレーラーのテレビ取付改造に挑戦


キャンピングトレーラーも車と一緒で自分だけのオリジナリティが欲しくなります。
只、専門知識があるわけではないので、やる事は限られます。素人にも意地があります。

まずはTVの取付

実家で使用していないTVがあったので拝借しました。
必要とする物として、壁用のTV取付金具です。ネットで購入し何とか挑戦しました。
問題は取付位置でした。色々とと考えた結果、外周面は構造がわからない為に諦め、家具などの収納部分を利用しようと思います。
しかし、その部分はポリ合板のような物なので、中は空洞のようです。走行中に外れる可能性があるので、裏面にもう一枚、板を用意し長いビスで貫通させ補強します。これで頑丈になりました。
TVには当然アンテナが必要です。これもネットで購入しました。出来るだけ映りが良さそうな物を選定しました。
ところが届いて驚きました。

寸法の確認は必須

予定ではテーブルの上にでも軽く置くつもりでした。
寸法をきちんと確認せずに頼んだので、空気清浄機ぐらいの大きな物でした。これはマンションや住宅用の一般家庭に使う物です。こんな物を置くスペースは何処にもありません。
悩み考え、その結果、外部に取付する事に決めました。
せっかく買った物を無駄には出来ませんし、これ…外用ですし…

場所を作る

しかし、外部にそんな都合のいい場所はありません。雑誌などをみるとキャンピングカーの外部面に直接付いている物もあるようですが、どうしても買ったばかりのキャンピングトレーラーの壁に穴をあける勇気はありません。
苦肉の策で、全面のAフレーム部分の上に新しく架台を製作し、そこにポールを建てて取付する事にしました。
さすがにもう、素人レベルは超えてますが無我夢中に材料を揃え自分で加工、塗装…と、なんとか完成です。
ポールも伸縮タイプにして、電波の悪いところは伸ばして使う予定です。

結果から言いますと確かに映りはいいのですが、山の中のキャンプ場だとTVが映るほどの場所は限られます。
頑張った割にあまり出番がないのが現状です。
自分なりのオリジナリティは十分に出ていると思いますので、これはこれで良しとします。

ですが、この時点で、まだTVは映りません。このTVの電源は家庭用の100Vです。
キャンピングトレーラーのバッテリーは車と同じ12Vです。
既存の12Vの電源は主に照明などがメインです。TV用の電源は新設が必要です。
バッテリーの増設や100Vに変換する事が必要となります。

次回はその辺をテーマとします。

フォローする