キャンピングトレーラーでキャンプ場?道の駅?

meguraw645 / Pixabay

8月のお盆シーズンはキャンプ人口がピークとなるでしょう。近年、オートサイトなる物が爆発的に人気があります。これは車の横にテントが設置できるためフリーサイトのように荷物の運搬が楽になります。水道や電源が個別に設置されているので便利です。キャンピングトレーラーもキャンプ場を利用する場合はこのオートサイトを利用します。しかし事は単純ではありません。今回はキャンプ場(オートサイト)を利用する事と道の駅の違いで感じた事をいくつか投稿します。

  1. オートサイトの利用
  2. 道の駅の利用とマナー
  3. キャンピングトレーラーの目的

オートサイトの利用

オートサイトは予約が必要です。特にキャンプシーズンで人気があるキャンプ場は数か月前に予約が必要です。急な思い付きでは予約がいっぱいです。さらにキャンピングトレーラーの場合は専用のオートサイトが必要となります。通常のオートサイトは車が1台分の駐車スペースです。それに対しキャンピングトレーラーの場合は2台分必要となります。なので結構、キャンプ場の場合は行けるところが限られているのです。そんな中で人気シーズンに利用する為には当然、計画的に早めの予約が必要です。そして利用料金もオートサイトの中では一番高額となります。これは利用電源のアンペア数が大きい事もあります。キャンピングカーやキャンピングトレーラーは電子レンジやテレビなどの電化製品を多く積んでいるので、利用する電力も多くなるためでしょう。

道の駅の利用とマナー

では道の駅はどうでしょうか?結論からいうとキャンプ場とは全く異なります。まず、キャンプ場の魅力として、子供たちが自然を楽しみ、大人たちはBBQやオリジナル料理などを楽しみ、同じ空間に同じ目的を持った人たちがお互いに参考にしたり、学んだり、etc.
しかし、子供が大きくなると、それだけで楽しみ方も変わり、どうしてもキャンプ場にこだわる事もなくなります。
道の駅は無料で駐車スペースは予約が必要ありません。年配の老夫婦がキャンピングカーで利用しているのをよく見かけます。きっとキャンプ場を利用する必要はないのでしょう。
只、最低限のマナーは守ってほしい物です。例えば、外で平気でミニBBQをしたり、優先駐車スペースを利用したり、ゴミを近隣のごみかごに入れる人もいます。
駐車料金が無料なのであれば逆にその地域にお金を落とすべきでしょう。そんなに節約したければ家でじっとして下さい。

キャンピングトレーラーの目的

キャンピングトレーラーを所有する目的は一人一人違うでしょう。キャンプ場へ行くのが大好きな人もいれば、道の駅に泊まり色々な場所へ行くのが好きな人。または、キャンピングトレーラーを引っ張って走るのが好きな人。バイクのツーリングのように。
おそらく、10人いれば10通りの楽しみ方があるのでしょう。

ちなみ私は計画性はあまりないので、この時期はキャンプ場へ行けません。

フォローする