キャンピングトレーラーを購入する

  ショップに2回程行き購入を決めました。

ネットオークションは現物確認ができないし、大金を先に振り込む事は不安がありましたので、数少ない近場のショップ限定で探し出せて運が良かったと思います。
社長の好意で全塗装を行っていただきました。その為、納車までは3週間かかるとの事でした。
ヒッチメンバーの準備があったので、時期的には問題ありませんでした。

ヒッチメンバーの取付

キャンピングトレーラーを購入する前にヒッチメンバーは別のところで先に注文していました。
接続部の詳細は何も考えていませんでした。キャンピングトレーラーにはヨーロッパ系やアメリカン系などがあるようで、電気系統の接続部に種類があるようです。7ピンとか13ピンとか配線の本数のようです。
まず、自分の買ったヒッチメンバーが何ピンかも把握していませんでした。通常は7ピンが多いらしく、購入したキャンピングトレーラーも7ピンという事でした。
ヒッチメンバーの取り付けはショップでも可能という事でした。しかし、自宅とショップの距離は車で90分ぐらいかかります。
取付を頼んだ場合、車は預ける事になり、帰り道の交通便が悪い為に別の取り付け手段を考えます。
そこで、地元の車屋さんにお願いしました。只、キャンピングトレーラーは初めてらしく、取付するときはショップの方と連絡を取りながら作業する事になりました。

軽いトラブル発生

ヒッチメンバーも自宅に届いたので接続部を確認すると7ピンでした。
ショップに連絡を入れ再度キャンピングトレーラーも確認してもらいました。すると、ショップの店員さんが
よく見ると13ピンでした…と言ってます。頭が真っ白になりましたが、13ピンの部品は在庫があるから大丈夫との事でした。
予定外の購入になりますが、やむ終えず…
なんとかヒッチメンバーの取付が終わり納車の日になりました。

正確には引取り日

もう少し、ゆっくりと待てれば届くのですが、待ちきれずに引取りに行きます。
練習は一度したものの、ほぼ初牽引の90分、行きの運転から緊張しました。
ショップに到着し、いざ連結。
ところがヒッチメンバーの高さが望ましくないようです。応急的な部品で取り敢えず調整し自宅へ向かいます。
やはり、後方の視界が無いので不安な90分を終え自宅に到着です。

素人と素人

自宅の駐車場にはバックで入れたいので、友人に後ろを見ててもらいます。けれど、この友人はキャンピングトレーラー初めてです。適切な指示など出来ません。行きたい方向は支持してくれるのですが、ハンドルの方向やタイミングは二人とも解らずに時間ばかり過ぎます。
一時間はかかったと思います。

とても長い一日が終わりましたが、ようやくキャンピングトレーラーとの生活が始まります。

フォローする