キャンピングトレーラーとの出逢い


キャンピングトレーラーを購入して1年半が過ぎました。
もともと、キャンプなど子供の頃に2回ぐらいの経験しかありません。大人になっても、特に興味もなく、家で寝るのが1番いいと思っていました。
キャンピングカーは見た事がありますが、キャンピングトレーラーは存在すら知りませんでした。
なので、子供達もキャンプへ連れて行った事はありません。只、興味はあるようでした。

初キャンプ参加

たまたま、知人家族達に誘われる事になりますが、テントなどのキャンプ用品が何も持っていない為、迷いました。
しかし、道具は揃っているので大丈夫!との事です。
せっかくなので、道具も何もない状態で参加する事になりました。子供達は大喜びでした。
一晩ぐらいは家で寝なくても仕方がないかなと思いました。
実際に行くと子供達は終始大騒ぎです。その姿を見てうれしくなり、誘ってくれたみんなに感謝の思いでいっぱいでした。こんなに楽しいのなら、また機会があったらキャンプ…いいかもしれないと思いました。
その年の夏はそれでおわりました。

キャンピングトレーラーと出逢う

その年の秋、キャンプに誘ってくれた知人がキャンピングトレーラーを購入したと聞きました。
キャンピングトレーラー? キャンピングカーの事? 初耳…とりあえず見に行こう。
早速、見学に行くと衝撃を受けました。初めて見る車?でもタイヤは2つ?内部は家のような…とにかくよくわからないけど凄い!
これがあると、キャンプでテントが必要ないので、とても楽だという事がわかりました。ベッドになったりテーブルになったり、キッチンがあり、照明やストーブもあります。

世の中にはこのような素晴らしい物がありました。
感動と興奮のまま家に帰りますが、とても気になります。とりあえずネットで検索開始です。
すると、あまりにも漠然とした世界に困惑します。
凄いけど…凄すぎて、ちょっと自分には無理かなと思います。遠く離れた世界のような気がしました。

ちょっと考えただけでも知識、経験、技術、予算など何もありません。どう考えても手がでない。と、その時は自分なりに納得して、気持ちを落ち着かせました。

キャンピングトレーラーと出発

翌年のゴールデンウイークに知人のキャンピングトレーラーと共にキャンプに行く事になりました。
移動中はキャンピングトレーラーの後ろを走行します。常時、視界に入ります。
すると諦めたはずの気持ちが変化し、だんだん憧れの気持ちが大きくなって行きます

そして、再び悩みます

フォローする