キャンピングトレーラーの内部(就寝スペース)

これは、我が家のキャンピングトレーラーの内部です。上段がフロント部で下段がリア部となります。ベッドからテーブルに変化しますが、今回は就寝スペースについて紹介します。

  1. 何人寝れるか?
  2. 寝心地はどうか?
  3. 掃除はどうするか?

何人寝れるか?

まず、フロント部ですが、一人で寝るには十分なスペースです。
幅が120cmあります。只、入口側なので一箇所だけ狭くなっています。
小さい子供となら二人でも寝れます。
次にリア部は幅が140cmあります。これはセミダブルベッドと同じです。
140cmぐらいの小学生であれば、幅を194cmとして利用出来ますので三人は寝れます。もっと小さい子供であれば四人いけます。
カタログやパンフレットには何人寝れますとありますが、利用者によってそれぞれです。我が家の場合は3~5人です。

寝心地はどうか?

基本的にベットとソファーを兼用する為なのか、少し柔らかいと感じます。寝返りの時に少し体が埋まる感覚があります。
それと、4枚のクッションを敷きならべている為、少し隙間が気になる事があります。対策として、寝る時は薄いマットを1枚敷いています。
これだけで快適になります。
余談ですが駐車時に出来るだけ水平にしないと、不快になります。やはり頭の方が低いと寝れないものです。

掃除はどうするか?

やはり中古品はカビやダニの事も気になります。子供がアレルギーの場合は定期的に清掃が必要です。掃除機掛けは当たり前のことですが、レイコップも時々やります。すると、結構ホコリが出てくるのです。厚みがあるので裏表やります。一つ一つのクッションパーツは小さいので扱いは楽です。とどめとしてトレーラーの屋根の上に並べて天日干しも行います。

やはり、扱いが家と同じになってしまうのでこうなります。
キャンピングトレーラーは完全に密閉されている空間でないため、多少の虫や蜘蛛も侵入します。定期的な清掃は必然となります。

フォローする