ビットコインを購入する前に知っておきたい事

tombark / Pixabay

最近は猫も杓子もビットコイン… って事になっているようです。
いくらネット社会といっても、テレビの影響は大きいのでしょう。話題になると購入者が増えて金額が一気に上がります。とてもわかりやすく値が動くようです。この上昇を利用して投機家の方々は売りに出ます。いくらでも上がると思っていた人々は一番高い位置で購入する事になり、購入後に一気に価格が下がり驚いた事でしょう。
今回は少しだけビットコインについて思う事を紹介します

  1. ビットコインってなんだ?
  2. クレジットカードで購入?
  3. 今後どうなる?

ビットコインってなんだ?

まあ、どこのサイトを見ても説明は同じですが、必ず『仮想通貨』って言葉が出てくるんです。そもそも「ビットコインってなんだ?」と言ってる人に仮想通貨と説明しても理解してもらえません。けれども必ず『仮想通貨です』って説明しています。
新しい事を正確に理解するのは難しい事です。大切なのは何を知りたいかを理解することだと思います。なので自分なりの解釈として『お金に交換出来るポイント』と考えています。
ポイントって物は随分と世の中に浸透していますので少しわかり易いでしょう。中間に管理会社がないって事も特徴ですが、使う側としては特に関係ないし。
さらに、このポイントはお金で買う事が出来ます。しかし、一万円で買ったポイントが9千円になったり、一万二千円になったりと価値が変動します。9千円の時に購入して、一万二千円で売却すれば差額が利益となります。
現在はビットコインをポイントとして使う場所は少ないため、購入者のほとんどが、このような投資を目的としています。

クレジットカードで購入?

お金で購入したビットコインを再びお金に戻すことは可能です。ではクレジットカードでビットコインを購入する事は可能か?これが可能な場合、現金がない状態で現金を手に入れることが可能となります。
少し前にメルカリで問題になった現金の出品。これは現金を急ぎて手に入れるためにクレジット決済をしています。
結論からいいますとビットコインはクレジット決済が可能です。但し、その場合には7日間ビットコインを円に換金出来ません。さらに手数料が高いので割に合いません。
クレジットカードを使ってまでのビットコインの購入はおすすめ出来ません。動かずに楽してでも購入したい人のみクレジットカードで。

今後どうなる?

まだまだこれから上がるだろう!って意見と、いつかバブルのように弾ける!って意見の両方があります。大切なのは、いちいちそんな意見に振り回されない事です。どっちかの意見は結果、正しい事になるのでしょうが、こんな事は好きに言わせましょう。仮に外れても誰も攻めません。
ビットコインを扱っている会社でビットフライヤーってとこがあります。最近はテレビのCMでも見かけます。テレビ番組のスポンサーって事は番組で取り上げるのも理解できます。
利用者が多ければ、収入源の手数料も多くなるでしょう。

ビットコインの取り扱い会社に注目し、自分なりの戦略を!

フォローする